離乳食中期(7・8か月 モグモグ期)

対象年齢
子どもの健康:

離乳食中期(7・8か月・モグモグ期)

7.8か月は2回食のまま進んでいきます。このころになるとお口が発達して、前後にしか動かなかった舌が上下に動かせるようになり、上あごと舌で食べ物をつぶしモグモグし、まとめて飲み込むことができるようになります。(歯を使って食べるのはまだ先です)

スプーンを下唇にのせ、上唇が閉じるのを待つようにしてあげましょう。食べられる食材が増える時期です。いろいろな味・舌触りを経験していきましょう。飲み込みやすいようにとろみなどをつけると食べやすくなります。離乳食の進みに応じて、食塩や砂糖などの調味料を使用する場合は、食材の味をいかしながら薄味で調理をしましょう。

離乳食は2回食で進み、食事のリズムが定着してきます。少しずつ食べる量も増えてきますが、食べ物からとれるエネルギーや栄養素は1日に必要な量の3割程度とまだ少量です。離乳食の後、母乳やミルクは飲めるだけしっかりあげるようにしましょう。

作ってみよう離乳食(7.8か月献立)

7.8か月の離乳食のサムネイル

7.8か月の離乳食

【作り方】

パンがゆ

さつまいもヨーグルト

トマトとツナとブロッコリーのあんかけ

 

詳しいお問い合わせは

御殿場市役所健康推進課 ☎0550-82-1111