出産育児一時金(国保)


出産育児一時金(国保)

被保険者が出産したときに、世帯主に対して42万円(平成21年10月1日以降の出産)が支給されます。妊娠4月以上(85日以後)であれば、死産・早産・流産の場合でも支給されます。

 内容の説明
対象者妊娠4月以上の国民健康保険被保険者の属する世帯主
必要なもの・国民健康保険証(出産した人の分)
・出産費用内訳を記した明細書
・直接支払制度の合意・非合意確認書類
・印鑑
・通帳(世帯主名義のもの)
・(流産・死産の場合は医師の証明書)

※会社などに1年以上勤めていた人(健康保険等の被保険者)が、退職してから6か月以内に出産した場合は、従前に加入していた健康保険等へ出産育児一時金を請求することができます。
※出産育児一時金支給申請は、市役所本庁のみの取り扱いになります。

出産育児一時金の直接支払制度

御殿場市から医療機関に直接出産育児一時金を支払う直接支払い制度を利用することにより、出産費用を用意する金額が少なくすることができます。また、医療機関等に支払う金額が出産育児一時金に満たなかった場合は、差額を事後支払制度により支給します。
詳細は出産を予定している医療機関等に直接お問い合わせください。

出産育児一時金の事後払制度

国民健康保険被保険者が出産育児一時金支給の直接支払制度を利用し、出産費用が出産育児一時金に満たなかった場合は、世帯主に出産育児一時金との差額を支給しますので、市民課での出生届手続後に申請をしてください。

区分内容の説明
対象者妊娠4月以上の国民健康保険被保険者の属する世帯主
必要なもの・国民健康保険証(出産した人の分)
・出産費用内訳を記した明細書
・直接支払制度の合意確認書類
・印鑑
・通帳(世帯主名義のもの)
・(流産・死産の場合は医師の証明書)

お問い合わせ:市役所1階 国保年金課 TEL:0550-82-4121