平成29年度「児童虐待防止推進月間」標語募集について


 児童虐待に関する相談対応件数は依然として増加傾向にあり、子どもの生命が奪われる重大な事件も後を絶たないなど、深刻な状況が続いています。児童虐待は早急に解決すべき問題であり、子どもの「命」と「権利」、そしてその「未来」は社会全体で守らなければなりません。

 厚生労働省では、毎年11月を「児童虐待防止推進月間」と位置づけ、児童虐待問題に対する社会的関心の喚起を図るため、集中的な広報・啓発活動を行っています。

 平成29年度も、この取り組みの一つとして、国民一人ひとりが児童虐待に対する理解を深め、主体的な関りをもてるよう、意識啓発を図ることを目的として、標語の募集を行います。

※詳しくは厚生労働省ホームページをご覧ください。