幼児の教育・保育施設整備基本構想について

行政サービス:

構想策定の背景と目的

 急速な少子高齢化の進行、核家族の増加、女性の社会進出に伴う保護者の就労環境の変化等、子どもや子育て家庭を取り巻く環境は大きく変化しており、乳幼児期の教育・保育に対する保護者のニーズも多様化しています。
 また、市では、平成27年度から子ども・子育て支援新制度が施行されたことに伴い、平成27年3月に「御殿場市子ども・子育て支援事業計画」を策定し、教育・保育及び地域子ども・子育て支援事業の5年間(平成27~31年度)の需給見込み等を示しました。
 社会情勢の変化、教育・保育等の需給見込みを踏まえ、今後も安心して子育てができるまちづくりを推進するため、公立教育・保育施設の配置、規模の適正化に向けた整備についての市の基本的な方向性を示す「幼児の教育・保育施設整備基本構想」を策定することとしました。


構想策定の検討体制

 構想策定にあたっては、市民や有識者で構成する「御殿場市幼児の教育・保育施設整備基本構想策定委員会」と庁内検討組織である「御殿場市幼児の教育・保育施設整備基本構想策定庁内検討委員会」において検討しました。
 御殿場市幼児の教育・保育施設整備基本構想策定委員会の会議内容については、こちらをご覧ください。

 ・御殿場市幼児の教育・保育施設整備基本構想策定委員会設置条例【PDF:120KB】
 ・御殿場市幼児の教育・保育施設整備基本構想策定庁内検討委員会設置規程【PDF:84KB】


構想の策定

 平成28年3月に「御殿場市幼児の教育・保育施設整備基本構想」を策定しました。

 ・御殿場市幼児の教育・保育施設整備基本構想【PDF:4.0MB】
 ・御殿場市幼児の教育・保育施設整備基本構想(概要版)【PDF:665KB】
 

 

問い合わせ:市役所1階 子ども育成課 TEL:0550-82-4132